2018.12.25

第一生命及びアフラックを引受先とする第三者割当増資のお知らせ

 食を通じたヘルスケアテック事業を展開する株式会社おいしい健康はこのたび、第一生命保険株式会社(以下、第一生命)、米国・Aflac Corporate Ventures(以下、ACV ※1)、及び複数の経営アドバイザリーを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約4億円の資金調達を行いました。今回の第三者割当増資により、当社の資本金・資本準備金は、633百万円となります。

 おいしい健康はこれまで、豊富な管理栄養士監修レシピをもとにしたパーソナライズ食事支援アプリ「おいしい健康」や、糖尿病患者の食事療法を目的とした「ごはんカメラfor糖尿病」、健康状態に合わせて社員食堂のメニューを提案する「健康社食® ※2」、時間栄養学に基づいた食事管理アプリ「食べリズム※3」といったプロダクトを通じ、一般生活者及び患者・医療従事者に向けた食事支援サービスを展開して参りました。
 今回の資金調達を通じ、当社は、第一生命及びアフラック生命保険株式会社(以下、アフラック)との協業をより一層推進し、日々の暮らしにおける喜びや健康寿命の延伸、ひいては国民医療費の抑制に寄与に貢献して参ります。

■ 資金調達の目的

 当社は、今回調達した資金を用いて、主力プロダクトの高度化を加速するとともに、新たな事業の開発をより一層推進するために、組織・体制の整備を行って参ります。同時に、様々な疾患やライフステージにおける食事の困りごとを解決するため、医療機関等との共同研究を積極的に展開いたします。
 また、当社は、第一生命及びアフラックとの協力関係を深め、当社が保有するコンテンツや技術を活用した新たなサービスを開発し、InsurTech(インシュアテック)の発展に参画して参ります。

■ 株式会社おいしい健康の概要

 株式会社おいしい健康では、「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、生活者・家庭目線のヘルスケア事業を展開しております。テクノロジーとビッグデータを活用し、生活者個々の健康を食事面から支えることは、病気予防や重症化防止に寄与するのみならず、その先にある「心からの笑顔」を増やすことにつながります。元気であってほしい、食べたい・食べさせてあげたいという家族の想いを叶え、健康維持や予防、病気、妊娠・育児や介護のときであっても、毎日を笑顔で過ごせる社会の実現を目指します。

代表者名(共同 CEO)
野尻哲也、松浦弥太郎
設立
2016年7月
資本金・資本準備金(増資後)
633百万円
コーポレートサイト
https://corp.oishi-kenko.com/

■ 第一生命保険株式会社の概要

代表者
代表取締役社長 稲垣 精二
設立
1902年9月
資本金
600億円

■ Aflac Corporate Venturesの概要

代表者
代表 ナディーム・カーン
設立
2016年9月

注釈
※1 Aflac Corporate Venturesは、アフラック生命保険株式会社の親会社である米国・Aflac Incorporatedのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)子会社となります。
※2 健康社食は、当社と共同で事業を展開するエームサービス株式会社の登録商標です。
※3 食べリズムは、慶應義塾大学医学部眼科教室との共同で開発した、臨床研究アプリです。

■ 本件に関するお問い合わせ先

https://corp.oishi-kenko.com/contact.html
担当:片岡